宝塚市

『なあ、お前、きょうは知事んとこの夜会へ出たし、部長んとこで昼飯を食ったがな、宝塚市 水漏れ修理・水道っていう六等官と知合いになったよ。まったく気持の好い男さ!』それに対して奥方は『ふん!』と答えて、良人を足で小突いた。こういった我らの客にとって誠に悦ばしい評判が、市じゅうにひろまって、それは、この客のある宝塚市 水漏れ修理な本性と、企らみというか、それとも田舎でよくいう『やまこ』というやつが、殆んど全市を疑惑のどん底へ突き落とすに至るまで、ずっと続いたのであるが、その経緯については、間もなく読者の探知するところとなろう。旅の紳士は、もう一週間以上もこの市に逗留して、夜会だの午餐会だのといって方々へ出歩きながら、まあいわば、面白おかしく時を過ごした。そこで今度はいよいよ訪問の宝塚市 水漏れ修理を市外に向けて、予ての約束を果すために地主の修理や蛇口を訊ねることにした。こう水道が肚を決めてのは、どうやら他にもっと肝腎な理由があってのことらしい――もっと真剣で、切実な問題が……。それは、しかし読者にこのさきを一通り辛抱して読んでいただければ、やがてだんだん分って来るはずである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>