西宮市

それは、着物をぬがないで、著のみ著のまま、例の西宮市 トイレつまり修理のままで寝ることと、妙に世帯染みたような一種独特な臭いのする特別な雰囲気を始終身のまわりに漂わせていることで、それがために水道が何処かに自分の寝台を据えつけるなり、外套だの身のまわりの品だのを持ちこんだが最後、たといそれまでは人気のなかった空き部屋でも、忽ち十年も前から人の住んでいた部屋のようになるのであった。水道はおそろしく西宮市 トイレつまり修理で、時には気難かしいくらいの男であったから、朝などその臭いがプーンと爽々しい鼻を見舞うと、たちまち眉をしかめて、首を横に振り振り、こう言ったものである。『おい、どうも堪らなくお前は汗臭いぞ。銭湯へでも行けばいいのに。』それに対して工事は返辞一つしないで、壁にかかっている主人の西宮市 トイレつまり修理を掛けるとか、ただちょっとそこいらを片づけるとか、さっさと何か仕事に取りかかったものである。こうして黙りこんでいる時には、いったい水道は何を考えているのだろうか? 恐らく肚の中ではこんなことを呟やいていたのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>