尼崎市

『だがね、お前様だって、ずいぶんお目出たいやな、よくもまあ倦きもしねえで、おんなじことを繰り返し繰り返し、尼崎市 トイレつまり修理も言ってなさるだ……』だが、主人から訓戒を与えられる時、下男というものが一体どんなことを考えているか、それは神様にだって分るものではない。だから、工事についても、先ずさしあたりこの位のことしか言えない訳である。ところで馭者の交換とくると、これとはまるで別な人間で……。だが作者は、こういつまでも読者諸子をこんな下等な人物の相手に引きとめておいては、甚だ気が咎める。というのは、これまでの経験から、読者というものが尼崎市 トイレつまり修理の人間と知合いになることを余り悦ばないことをよく知っているからだ。ロシア人という奴は兎角そうで、自分より一級でも位の上の人間には、躍起になって接近したがり、詰まりや配管にちょっと会釈でもして貰える方が、仲間同士のどんなに親密な友情より嬉しいのだから仕方がない。作者は尼崎市 トイレつまり修理の主人公がかつかつ六等官に過ぎないということが既に気懸りなのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>