芦屋市

七等官あたりなら、まだしも水道と相識になってくれるかも知れないが、もう芦屋市 トイレつまり修理の位を贏ち得たほどの人物だったら、おそらく、誰でも自分の足許に這いつくばうものに向って傲然として投げつける、あの侮蔑に充ちた眼差をなげることだろう。いや、罷り間違えば、作者にとっては全くもって致命的な、芦屋市 トイレつまり修理という憂目に逢うかも知れないのである。しかし、それやこれやが如何に辛くても、やはり主人公のことに話を戻さなければなるまい。で、もう前の晩に必要な指図を与えておいた水道は、翌る朝とても早く眼を覚ますと、さっそく顔を洗い、水をしませた海綿で頭の天辺から足の爪先まで躯をよく拭った――これは日曜日にだけすることであったが、ちょうどその日が日曜に当っていたのである――それから頬が本物の繻子のようにすべすべして光沢の出るまで丹念に顔を剃り、まずピカピカ光る蔓苔桃いろの芦屋市 トイレつまり修理を著た上へ大きな熊の毛皮の裏をつけた外套を引っかけて、旅館の給仕に、或は右側から、或は左側から腕をとられながら階段を降りて、例の半蓋馬車に乗りこんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>