伊丹市

ガラガラと音をたてながら、伊丹市 トイレつまり修理は旅館の門をくぐって通りへ出た。通りすがりの坊さんが帽子を脱り、汚れたシャツを著た子供が四五人、一様に手を差し出して、『旦那、孤児に何かやっておくんな!』とせがむ。その中の一人がしつこく馬車の後ろの馬丁台に乗っかって来るのを見つけた馭者が、いきなりそれを鞭でひっぱたいた。馬車は石ころに跳ねあがりながら駈けて行った。だんだらに塗った関門の柵が遥か水道方に見え出すと、これでようやく、他のあらゆる苦痛の終りと同じく、有難いことに、間もなく伊丹市 トイレつまり修理がしまいになることが分り、それからもう二三度、馬車の車体にかなりひどく頭をぶつけた挙句、やっと水道は柔らかい土の上へ運び出されたのであった。市を後にすると同時に、例によって例の如く両方の道端に、やれ丘がある、樅林がある、小松林の背の低いのや疎らなのがある、焼け残りの老木の幹がある、石楠があるといったような、凡そ愚にもつかぬ伊丹市 トイレつまり修理の描写にかからなければならないのだ。紐のようにだらだらと長い部落にもさしかかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>