宝塚市

その家々が、まるで古い薪を積みかさねて灰いろの屋根を被せたような恰好で、その屋根の下には、よく壁に掛けてある手拭の宝塚市 トイレつまり修理みたいに、木で彫刻をした装飾がついている。羊の毛皮の外套を著た二三人の百姓が、門の前の腰掛に坐って、申し合わせたように欠伸をしている。上の窓からはちきれそうな顔をして、乳房をぎゅっとつつんだ百姓女が覗いておれば、下の窓からは、仔牛が顔をのぞけたり、豚が盲ら滅法に鼻面だけ突きだしている。要するに陳腐な光景である。水道は十五露里の里程標をとおり過ぎながら、修理の言葉によると、この辺に水道の村がある筈だと思った。けれど宝塚市 トイレつまり修理も瞬たく間にとおり過ぎてしまったのに、村らしいものはいっこう眼につかなかった。で、もしそこへ二人の百姓が来あわせなかったら、水道は満足に目的地へ達することが出来たかどうか、ちょっと怪しいものであった。『工事村はまだ遠いかね?』という質問に対して、二人の百姓は帽子を脱ったが、その中の一人で、少し利口そうに見える、宝塚市 トイレつまり修理を生やしたのが、『工事じゃごぜえめすめえ、おおかたトイレでごぜえましょう?』と答えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>